やさしい真宗法話

      法話小坊主       

   令和4年 12月  

   心の眼が見えなくなる

   詩人である堀口大学さんの詩に、「深海魚、光に遠く棲むものは ついに眼(まなこ)を失うとあり」と、
  あります。海の底にすむ深海魚は、太陽の光が届かないので、ついに眼を失うのです。この詩を参考
  にして、「仏の光に遠く棲むものは、ついに心の眼を失う」と書きました。人間は光なくして何も見えま
  せん。光がなければ眼は必要ないのです。いま私たちは太陽の光、電気の光があるから自分の眼で
  あらゆるものを見ています。太陽や電気が無ければ何も見えません。ただ太陽や電気の光があって
  も、大切なものは見えないのです。『星の王子さま』のなかに、「大切なものは眼で見えない、心で見
  ないとね」と、あります。 ある日小学生の孫が食べ物を粗末にしていたので、おばあちゃんが、 「食べ
  物を粗末にすると眼が見えなくなる」 と、注意したそうです。すると孫は、「おばあちゃん、眼は見えな
  いことはないよ、よく見えるよ」と、すこしも聞いてくれなかったそうです。この言葉は何を教えている
  かと言うと、肉眼が見えなくなるということではありません。心の眼が見えなくなることを教えているの
  です。 いのちに対して、また日常あらゆることをしてくださった方々に対して、そのことにも気づかな
  い気づけない感謝やご恩、お陰さま有り難うございますと言うこともなくなることが何も見えなくなる
  ことだと教えているのです。 仏さまの光は、私たちの心の眼を開かせようと働いてくださっています。 
  仏壇のロウソクは、仏さまの智慧の光を表し、私たちの心の闇を破ってくださるのです。ご開山親鸞
  聖人は、ご和讃に
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 煩悩にまなこさへられて 摂取の光明見ざれども
 大悲ものうきことなくて  つねに我が身をてらすなり
(高僧和讃 浄土真宗聖典註釈版595ページ)

 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 とおっしゃっています。煩悩に眼がおおわれて自分の力では、もはや阿弥陀さまの救いの光をみること
 はできないけれどもその私を飽きることなく、めざめてくれよと呼び続ける阿弥陀さまは、今ここでこの
  私一人がために 常に光となって照らして下さっているのです。そのご恩に感謝のお念仏を申させて
  いただきながら朋に日暮らしをさせていただきましょう。

 

              バックナンバーやさしい真宗法話
           令和4年 11月   こわれない真実の宝物
           令和4年 10月   私にとって最も大切なものは何か
           令和4年   9月   六字の名号に込められている
           令和4年   8月   迷いの海の中に沈んでいる私たちを救う
           令和4年   7月   真っ暗な時は、私の汚れが見えない
           令和4年   6月   阿弥陀さまは、ここから遠くないところにいらっしゃる
           令和4年   5月   私を見捨てない阿弥陀さま
           令和4年   4月   弥陀の五劫思惟の願
           令和4年   3月   蛇やさそりと同じように毒を作り出す私
           令和4年   2月   阿弥陀さまご催促の南無阿弥陀仏
           令和3年 11月   親鸞聖人にお会いする
           令和3年 10月   苦悩の有情を捨てずして 
           令和3年   9月   ずっこけの私を阿弥陀さまは、摂取不捨
           令和3年   8月   本当に聞きたい声
           令和3年   7月   智慧の眼をもたないのは、この私
           令和3年   6月   阿弥陀さまは磁石のごとし
           令和3年   5月   ここに阿弥陀さまは いる
           令和3年   4月   生死の苦海ほとりなし
           令和3年   3月   お釈迦さまも「三密に気をつけなさい」と仰った
           令和3年   2月   煩悩をかかえた鬼はこの私です
           令和3年   1月   阿弥陀さまに導かれ両手をあわせお念仏
           令和2年 12月   兵戈用いることなし
           令和2年 11月   阿弥陀さまのご信心は、まことの心
           令和2年 10月   私を救う本職の阿弥陀さま
           令和2年   9月   ゆくもかえるも他力ぞと
           令和2年   8月  お盆に ちなんだ話 
           令和2年   7月  「我慢できない私を救うオンラインの阿弥陀さま」
           令和2年   6月  「私の今はどうじゃ」妙好人七三郎の話その
           令和2年   5月  「阿弥陀さまはここじゃ」妙好人七三郎の話その2
           令和2年   4月  私の煩悩は、消えません絶えません
           令和2年   3月  「鬼が転じて仏になる」妙好人 七三郎の話その1
           令和2年   2月  火宅無常の世界
          令和 2年   1月  一つの味になる
          令和元年 12月  私の使命とは
          令和元年 11 浄土真宗の真実の宝は南無阿弥陀仏
          令和元年 10月  つくりとつくる悪業煩悩の毒
          令和元年   9月 自然法爾の言葉に導かれ
          令和元年   8月 南無阿弥陀仏は阿弥陀さまの呼び名
          令和元年   7月 後世をしらざるを愚者とす
          令和元年   6月 私につける薬は、ただ念仏しかありません
          令和元年   5月 みなもって世々生々の父母兄弟
          平成31年  4月 如来大悲の恩徳
          平成31年  3月 本願力にあいぬれば
          平成31年  2月 まはさてあらん 
          平成31年  1月 お芽出とうは、私の生き方
          平成30年12月     私は凡夫と気づかせていただく
          平成30年11月   ブラックアウトを打ち破る阿弥陀さまの光
          平成30年10月   けんかした時は念仏申した方が勝ち
           平成30年 9月 生死出づべき道2
           平成30年 8月 本当の親 真実の親
           平成30年 7月 法蔵菩薩の決意の言葉
           平成30年 6月 妙好人おそのさんのお話その2 
           平成30年 5月 ぞうきんの話
           平成30年 4月 うやむやな私に阿弥陀さまの本願がはたらく
           平成30年 3月 煩悩でみちあふれている私
           平成30年 2月 恩返し恩送りご恩報謝
           平成30年 1月 背を向け逃げる私を救うために「きた」阿弥陀さま
           平成29年12月 私が仏縁に出遇いお念仏申すことが要
           平成29年11月 堪忍してもらってばかりおります
           平成29年10月 親鸞さまと二人三脚の私
           平成29年 9月 「御文」はこれ凡夫往生の鏡なり
           平成29年 8月  念仏申さんとおもいたつこころのおきるとき
            平成29年 7月 妙好人おそのさんのお話その1
           平成29年 6月 助かる道はただひとつ  
           平成29年 5月 苦悩の有情を捨てずして
           平成29年 4月 仏の教えは、この私を生かす
           平成29年 3月 おかげさま その2  
            平成29年 2月 おかげさま その1
          平成29年 1月 酉の暦、雑行を棄てて本願に帰す 
          平成28年12月 生かされてお念仏の道を歩む 
          平成28年11月 鼻が下に向いているのは有難いこと
         平成28年10月 三塗の黒闇盛り土の私
         平成28年 9月 煩悩カラス
          平成28年 8月 阿弥陀さまのよびかけ
          平成28年 7月 生死出づべき道
          平成28年 6月 お念仏申す梅干しお婆さん 
          平成28年 5月 我慢ができない私を救う阿弥陀さま
          平成28年 4月 私一人がためなり
         平成28年 3月 自然に念仏のせきがでる
         平成28年 2月 ウソつきの「私」の口から「ナモアミダブツ」
         平成28年 1月 安心してください 如来よりたまわりたる信心ですよ
         平成27年12月 おんボロボロの私を救う阿弥陀さま 
         平成27年11月 阿弥陀さまに出遇えてうれしいぞうの私
         平成27年10月 泣き婆さんがにこにこ婆さんに
         平成27年 9月 彼岸浄土から開かれた道 
         平成27年 8月 本願力にあひぬれば むなしくすぐる人ぞなき
         平成27年 7月 経教は鏡のごとし 
         平成27年 6月 阿弥陀さまはこの私を助ける 
         平成27年 5月 摂取不捨の阿弥陀さま
         平成27年 4月 仙崖和尚さんの話
         平成27年 3月 私が仏さまになる
         平成27年 2月 阿弥陀さまの慈悲にくるまる私
         平成27年 1月 いづれの行もおよびがたき身の私
         平成26年12月 先に生まれんものは後を導き
         平成26年11月 山伏が仏教に帰依されたお話
         平成26年10月 きわみなき さんまの阿弥陀さま
         平成26年 9月 鉛の私は、銅や銀には なれません
         平成26年 8月 ありのままで 阿弥陀さまの ひかりをあびる
         平成26年 7月 松井宗助さんのお話
         平成26年 6月 偽になれない私が偽になる
         平成26年 5月 阿弥陀さまは乳母のごとし
         平成26年 4月 遇斯光、この私が阿弥陀様の光に遇う
         平成26年 3月 けもの道に迷い込む私
         平成26年 2月 馬の耳に念仏・私の耳にも念仏その2
         平成26年 1月 法輪とは仏法ひろまること
         平成25年12月 阿弥陀さまによって一寸先は闇から光に 
         平成25年11月 ごまかしの「私」
         平成25年10月 「青色青光」は、私のまんまで輝くこと
         平成25年 9月 しーちゃんからの贈り物 阿弥陀さまからの贈り物
         平成25年 8月 ひとこえの お念仏
         平成25年 7月 阿弥陀さまの慈悲のお心には、分けへだてはありません
         平成25年 6月 深く生きること
         平成25年 5月 他力の金剛心
         平成25年 4月 苦悩の有情を捨てずして
         平成25年 3月 無明の闇をてらす阿弥陀さま 
         平成25年 2月 愚痴がお礼の言葉に
         平成25年 1月 強く明るく生き拔きます
         平成24年12月 こころもことばもおよばない私が救われる
         平成24年11月 本当の私
         平成24年10月 お寺にも3つの宝があります
         平成24年 9月 私は生きているオバケ
         平成24年 8月 つねにわが身をてらすなり
         平成24年 7月 煩悩にまなこさへられた私
         平成24年 6月 清九郎さんが助かる阿弥陀さまのお救い
         平成24年 5月 この私をとらえて捨てない摂取不捨の阿弥陀さま
         平成24年 4月 氷多きに水多し さわりおおきに徳おおし
         平成24年 3月 鬼は外にも内にも私のなかにもいます
         平成24年 2月 お参りすると腹が立たなくなる?
         平成24年 1月 阿弥陀さまと私の絆
         平成23年12月 「ただ」のおはなし
         平成23年11月 めざめてくれよと呼び続ける阿弥陀さま
         平成23年10月 私は私のまんまに生きる
         平成23年 9月 恐竜より恐ろしいのはこの私
         平成23年 8月 阿弥陀さまの本願海と群生海の私
         平成23年 7月 浄土真宗にも利益があります
         平成23年 6月 悪人とは この私のことなのです
         平成23年 5月 微笑みがえしのお念仏
         平成23年 4月 阿弥陀さまは、わたしが救われることをあきらめません
         平成23年 3月 舎利弗の友だちの疑問
         平成23年 2月 弘誓(ぐぜい)の強縁(ごうえん)
         平成23年 1月 ただ一心に阿弥陀さまに
         平成22年12月 阿弥陀さまは いつでも私のそばに
         平成22年11月 救出カプセルとご本願救出船
         平成22年10月 功徳は行者の身にみてり
         平成22年 9月 そのうちでは日が暮れます
         平成22年 8月 わが身のわろきことはおぼえざるものなり
         平成22年 7月 癇癪(かんしゃく)玉をご縁として
         平成22年 6月 お念仏の人生はひとりぼっちではありません
         平成22年 5月 人間失格の私を救う阿弥陀さま
         平成22年 4月 わがひとり子と思ってくださる阿弥陀さま
         平成22年 3月 阿弥陀さまの光明に照らされて身も心も柔軟
         平成22年 2月 念仏者は無碍(むげ)の一道なり
         平成22年 1月 除夜の鐘
         平成21年12月 この《私》はボケていないでしょうか?
         平成21年11月 皮ばかりで実のない私
         平成21年10月 教えを聞いて我がふり気づけ
         平成21年 9月 割箸のお話
         平成21年 8月 三毒の煩悩を抱えた私
         平成21年 7月 ある死刑囚のお話から
         平成21年 6月 つねにわが身をてらす
         平成21年 5月 ついてはなれん親のよび声
         平成21年 4月 変わるもの変わらぬもの
        平成21年 3月 阿弥陀さま親鸞さまに導かれてお参り 
        平成20年12月 阿弥陀さまの願い
        平成20年11月 甚次郎兵衛(じんじろべ)さんのお話
        平成20年10月 私の頭には鬼のツノがはえている
        平成20年 9月 ひっくりかえる私に ご本願がはたらく
        平成20年 8月 阿弥陀さまの 御こころを戴く
        平成20年 7月 善譲お坊さんの話
        平成20年 6月 石の上にも3年 阿弥陀さまは、私一人がために五劫の思惟
        平成20年 5月 KY(こころがよめない)私を救うAMD(阿弥陀)さま
        平成20年 4月 生死の苦海ほとりなし・・・・
        平成20年 3月 ギョーザ中毒より恐ろしい私の煩悩の毒
        平成20年 2月 私にとって真のおめでたいこと
        平成20年 1月 お正月は正しい浄土真宗の み教えを聞かせていただきましょう
        平成19年12月 母の火傷と煩悩火傷の私
        平成19年11月 渥美 清さんの四文字 阿弥陀さまの六字
        平成19年10月 阿弥陀さまは、色も形もありません
        平成19年 9月 十方衆生は、一人も 漏らさず救う阿弥陀さまのお呼び声
        平成19年 8月 『つもりの私』を見抜いている阿弥陀さま
        平成19年 7月 手を合わせる有り難さ、すでに阿弥陀さまの おはたらきがありました
        平成19年 6月 浄土真宗の友は御同朋御同行の友です
        平成19年 5月 わかっちゃいるけどやめられない私
        平成19年 4月 水を使いたいと思い立つ心のおこるとき
        平成19年 3月 そのまんま私を救ってくださる阿弥陀さま
        平成19年 2月 3女のための着物 私のためのご本願
        平成19年 1月 私は「天の声」ではなくて「仏の声」を聞きます
        平成18年12月 「私」をまもり隊の 阿弥陀さま
        平成18年11月 信じられない私を信じて下さる阿弥陀さま
        平成18年10月 役者の便宜ではお浄土参りはできません
        平成18年 9月 私の煩悩をクールビズするウオームビズの阿弥陀さま
        平成18年 8月 煩悩アルコール漬けの私を阿弥陀さまは制御します
        平成18年 7月 《薬あればとて、毒を好むべからず》そうは言っても
        平成18年 6月 私は 阿弥陀さまにまかせます
        平成18年 5月 騒音おばさんと強欲婆さんの与えたもの
        平成18年 4月 間に合わない私が阿弥陀さまの本願力にたすけられる
        平成18年 3月 浄土真宗の み教えを聞いて我執もダイエット
        平成18年 2月 偽装マンションと偽装人間の私
        平成18年 1月 たばこもやめられない私の煩悩もやめられない
        平成17年12月 闇が光の世界へ
        平成17年11月 パロディ版アリとキリギリスに聞く
        平成17年10月 ブッダのチルドレンに おはたらきはとまりません
        平成17年 9月 レンタカウ親様デン
        平成17年 8月 緑の防波堤と念仏の防波堤
        平成17年 7月 立ち上がるレッサーパンダと立像の阿弥陀如来さま
        平成17年 6月 暗闇では、「私」も盲人と同じです
        平成17年 5月 想定の範囲外だらけの私
        平成17年 4月 平生業成 《野放しの馬 野放しの煩悩篇》
        平成17年 3月 偽札偽表示と言っている偽私
        平成17年 2月 声の助っ人 南无阿弥陀仏
        平成17年 1月 チョー安心の阿弥陀さま
        平成16年12月 揺れる新潟地震、揺れる私自身
        平成16年11月 平生業成 《妙好人 源左さん篇》
        平成16年10月 平生業成 《人々と聖人の臨終篇》
        平成16年 9月 オリンピックは4年に1度私は今1度
        平成16年 8月 こそこその話
        平成16年 7月 私の見方は正しい?
        平成16年 6月 阿弥陀さまの本願「間違いないっ!」
        平成16年 5月 阿弥陀さまは、「自己責任」できない「私」を引き受けます
        平成16年 4月 浄土真宗の「シンジョウ」は、「生活シンジョウ(信條)」です
        平成16年 3月 冬の嵐と煩悩の荒らし
        平成16年 2月 さるも木から落ちる 私は地獄に落ちる
        平成16年 1月 自分自身、見ざる聞かざる言わざるの私を阿弥陀さまは知ってござる
        平成15年12月 阿弥陀さまからマニフェスト念仏
        平成15年11月 阿弥陀さまの光明は、私の煩悩の渋を熟して甘くします
        平成15年10月 金のたまごをうむニワトリ 煩悩のたまごをうむ私
        平成15年 9月 「私」は雑草のごとく生きる
        平成15年 8月 「電気のはたらき 阿弥陀さまのはたらき」
        平成15年 7月 消えずに ますますふえる私の心のゴミ
        平成15年 6月 うそは どろぼうのはじまり 
        平成15年 5月 ナンバーワンの阿弥陀さま オンリーワンの私
        平成15年 4月 どうする私 どうする私の人生
        平成15年 3月 地球には重力、私には阿弥陀さまの他力
        平成15年 2月 私の願いと阿弥陀さまの願い
        平成15年 1月 浄土真宗の原点に「帰」りましょう 
        平成14年12月 阿弥陀さまは拉致ではなくて摂取不捨
        平成14年11月 帰るべき故郷帰るべき浄土
        平成14年10月 「私の人生ヒートアイランド、お浄土はピュアーランド」
        平成14年 9月 せみの鳴き声、阿弥陀さまの お呼び声
        平成14年 8月 「ジコチュウ」は、夏だけの虫ではありません
        平成14年 7月 私は酔いのフーリガン阿弥陀様は目覚めの本願
        平成14年 6月 浄土真宗の大事な「もん」は「お聴聞」です
        平成14年 5月 春の風物に黄砂?私は春も念仏に遇うさ
        平成14年 4月 私は煩悩の総合商社
        平成14年 3月 阿弥陀さまから私に本命のお念仏チョコレート
        平成14年 2月 馬の耳に念仏・私の耳にも念仏
        平成14年 1月 「ほんまもん」の念仏
        平成13年12月 アフガン難民、「私」は人生の難民
        平成13年11月 浄土真宗は報復ではなくて報恩行です
        平成13年10月 リーダーのたったひと言・阿弥陀さまのたった六字
        平成13年 9月 阿弥陀さまの熟慮されたご本願
        平成13年 8 阿弥陀さまからのリモコン念仏
        平成13年 7月 私の中に住みつく煩悩伏魔殿
        平成13年 5月 脱不平等・適材適所の阿弥陀さま
        平成13年 4月  浄土真宗は「死に体」ではなくて「生き抜き体」の教えです
        平成13年 3月  ハワイ海底に沈むえひめ丸と生死の迷いの海に沈む私
        平成13年 2月 荒れる「成人式」と荒れる「私自身」
        平成13年 1月 私にとって本当によい年って?
        平成12年12月 食中毒よりも もっとおそろしい毒
        平成12年11月 チンパンジー「アイ」子育て中 「阿弥陀様」は「私」をお育て中
        平成12年10月 お念仏は私の人生の金メダル
        平成12年 8月 ヒトゲノム 私はアミダ様をタノム
        平成12年 7月 YOSAKITA ネンブツ    2つの口のおはなし
        平成12年 6月 ケイタイネンブツ      どんなにおいがする?
        平成12年 5月 「一生一品」のお念仏     きたかぜとたいよう 


                        トップページヘ前へ次へ


                       ご感想・メッセージはこちらまで VZD02347@nifty.ne.jp