ナモナモHOT &  ブツブツコーナー

                  このコーナーは、お寺に限らずまた身近なホットな話題について画像イラストあるいは、
                住職自身の身近な出来事、思いもブツブツ と載せていきたいと思います。皆様からも
                もし何か載せてほしい話題がありましたら、メールで送って頂けると嬉しいです。

              domino      小坊主      ブツブツ

                   

                     令和4年6月

                      ■■降誕会■■

                      

                         降誕会法要にご出勤頂いた向かって左から本誓寺、西教寺、
                        浄円寺、教證寺のみなさんです。有り難うございました。

   

                        ■■虹が出た■■

                           

                           雨上がりの午後、綺麗な虹が出ました!

 

                    令和4年5月

                       ■■教證寺庭園??です■■

                     

                     

                    

                     

 

                    令和4年4月

                    ■■伯父■■

                    

                 旭川の本誓寺第2世住職 青木円成師が
                令和4年4月21日満93才で往生の素懐
                を遂げられました。車やカメラから食べ物
                に至るまでこだわり、そのことをつくろうこ
                 とも諂うこともなくただありのままに振る舞
                 い、語らい、笑いそして生きぬかれました。
                 僧侶特に布教使としては、1ヶ月前のお彼
                 岸布教の最後の最後まで自らを語るお取り
                 次ぎされた魅力のある伯父でした。私の人
                 生にも大きく関わり、葬儀には、ただただ
                 感謝の思いで涙とともにお念仏申させて頂
                 きました。(尚、上記画像は、フィルターかけています)

                   令和4年3月

                   ■■一本の白い道■■

                   

                 (上記画像は、イメージ画像で実際の画像とは違います)

                道新のコラムにほのぼのとしたこういう話がありました。
                   一本の白い道
                 近くに公園があり向こう側にある郵便ポストまで行くには、
                 雪が降っても、先に誰かがつけた足跡をたどって道がで
                 きます。ところが先日の大雪で道が埋まって消えてしま
                 い、ただの雪原になっていたのです。
                そこを近所の高等支援学校の生徒が除雪して長い道を
                 つけてくれました。
                早速通ってみると反対側から来た女子学生が私の姿を
                見つけて横に避けて待っていてくれた。「こんにちは」
               「ありがとう。この道が通れるようになってよかったね」と、
                言葉を交わして別れました。
                出口に差しかかった時、また別の数人の女子学生が
               「あら、ここ歩けるようになってる!」と話していた。「生徒
                たちが除雪してくれたのよ」と伝えたら、「やさし~い!」と
                返事が返ってきた。「ね、うれしいよね」と言って、喜びな
                がら一本の白い道を行く後姿を見送りました。お陰で心
                温まる日でした。

                   令和4年1月

                    ■■馬の親子■■

                         

                        中山さんというご門徒さんのところにお参り行きましたら、お仏壇の横に絵が置いてありました。
                        聞きましたら 砂絵で描いた「馬の親子」ということで、ほのぼのとした情景が伝わってきました。
                        みなさんは、いかがですか?
           


 

 

                  トップページへ次ページ

               メール VZD02347@nifty.ne.jp